秋田杉桶樽

秋田杉桶樽(あきたすぎおけたる)は、秋田杉を原料に作られる国の指定を受けた伝統的工芸品。杉の集散地として栄えた能代市で生まれ、現在は、お櫃や桶の他、様々な製品が作られている。秋田杉の香り、木目の美しさ、水分や塩分の調節等の独特の長所を生かした製品を、技術を受け継いだ熟練の職人が、手作業で一つ一つに心を込めて作っている。

歴史

秋田市寺内にある高清水公園内の秋田城遺跡からは、15~16世紀(室町時代安土桃山時代)のものとみられる桶と樽の底板、取手類が発掘され、秋田県でも最も古い桶の証拠となっている。 文献上では秋田藩家老梅津政景が著した「梅津政景日記」によれば1612年(江戸時代)の項に、現・湯沢市の 酒屋で秋田杉の桶が使用されていたこと、また、1682年(江戸時代)には久保田城下の酒屋たちが、値段の公定を図って秋田杉の酒樽の升目を一定にするよ う求めたという記事が記録されている。このように秋田藩の保護のもとに県内の桶屋により大量生産され、明治に入ると更に生産量が増え、昭和30年代までは酒樽、醤油樽、すし桶、漬物桶などに重宝され、全国的に需用が伸びた。

参考:Wikipedia

trick box IZUMIYA

寄木細工

神奈川県足柄下郡箱根町 箱根158

これら自然の染料を媒染剤を変えたり、浸染の回数を加減することで、微妙な色調を表現する。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中